スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.31

2014.03.31.Mon.23:26
ゆらゆら帝国の解散から今日で4年が経った。


2005年に発表した「SweetSpot」。

彼らが本格的に四つ打ちを意識して作った「ソフトに死んでいる」を収録したこのアルバムは、

当時、坂本慎太郎が意識・傾倒していたダンスミュージックやスウィート・ソウルを

元々持っていたバンドサウンドを通じて、

サイケデリック - ノイズを信条としてきたこのバンドの中に潜在する

気だるさ、諦観、そして可愛らしさといった個性を残しつつ

その姿を現した楽曲群の結晶体とでもいうような作品である。

聴いてみると、まるで夜の街の、

点々と灯りが点るだけの暗がりに

自身が溶け込んでいくような錯覚に陥っていく。

もしかすると、四つ打ちやソウルを彼らなりに体現しようとした結果、

先述のバンドの持つ個性が前に押し出されたのかもしれない。


そして坂本慎太郎曰く

「背後に回りこんで後ろからキンタマを握って勝つ」ようなコンセプトのもと

作り上げられた次作「空洞です」は、

前作「Sweet Spot」で得られた制作方法をフィードバックしつつ、

さらにその方向を突き進んだ名盤ともいうべき傑作に仕上がっている。

だが突き進んでいった結果、耳にした各々が楽曲を通じて描く心象はそれとは別のものになった。


「Sweet Spot」は「ロボット」や「タコ」のような人間ではない何かにトリップし、

意識は朧げとなり闇と自身が同化していくようなものであるのに対し、

「空洞です」は、「僕」は「できない」「抵抗しない」と言いながら、

それでも「僕」は「まだ生きている」と認識し、

「美しい」という感情を抱き、

「学校へ行ってきます」と部屋の扉を開けようとする。

自身を「空洞です」と言いながら、

はっきりと意識を持った生身の人間を髣髴とさせる。

1曲目に「おはよう」とつぶやいて流れる甘いサックスの違和感は、

アルバムを一巡して戻ってきたとき、

柔らかな安堵として迎えられる。


前作では広がっていくイメージは、ただただ真っ暗な「夜」そのものであったものが、

次作では誰もが眠りに落ちた静けさ、或いは夜な夜な打ち鳴らされる音楽の騒々しさを越えて、

ネガティブであったものがポジティブに

ゆっくりと明けていく「朝」のイメージへと変わっている。


「Sweet Spot」を越えて「空洞です」に辿り付いたとき、

それを聴いたリスナーである僕らは

その興奮を体感し、その素晴らしさがこれからも続くものだと思っていた。

だがしかし、その傑作をラストアルバムとして、バンドは解散した。

『「空洞です」以上のものを、それを作り上げた以上のモチベーションを

保つことが出来なかった』という

解散にあてた彼らのコメントは、

その楽曲の素晴らしさとアルバムの完成度の高さ、

張り詰めた空気とくらくらと酔うようなサイケデリックを行き来する

その唯一無二のライブの熱狂が、

皮肉にもそれを裏付けるかのように、

一点の偽りも無いと納得させるに十分なほど

メンバーの気持ちそのもの表していた。

こうなるであろうことを、バンド自身も想像をしていなかっただろう。

このとき彼らは、「まだやろう」と言っている。





Sweet SpotSweet Spot
(2005/05/18)
ゆらゆら帝国

商品詳細を見る



空洞です空洞です
(2007/10/10)
ゆらゆら帝国

商品詳細を見る













コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。