スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Negicco「ときめきのヘッドライナー」 を聴いてみた

2013.10.24.Thu.23:50



ジャケットは今回紅いドレスという大人っぽさを醸し出す衣装にて。
変わったといえばかえぽが髪をバッサリ切ってショートに!

曲は80年代のディスコを意識した感じで、
ノリノリに踊るというかやや落ち着いた雰囲気があり、
歌詞も意識したかのようなバラード。
衣装も前述のとおりなので今回はそういうコンセプトで攻めたか、と。

さてこれを自分より先んじて聴いたネギファンから
「アイドルばかり聴かないで(前作)の流れを汲んだ…」
「前回よりもドルオタ、特にDDにはぐっさりくる歌詞…」
などという声を多数見かけた。

ちょっ、ちょっと待て

いくらなんでも考えすぎじゃないか?(笑)

いや前回は小西康陽さん作詞作曲の問題作とも言っていい曲だったがために
そのインパクトの大きさからファンの心にも深く残るものがあったことは想像に容易い。

しかし今回はお馴染みNONA REEVESの西寺郷太氏が手がけているし、
そんな風に思ってしまう歌詞も最初のメロの方にしか見て取れない。

深刻に考えてしまうのは曲がリスナーに与えたの衝撃もさることながら、
メタな路線もいけるということを自覚してしまったが故の現象であろうか。
アイドル本人もファンもていうかむしろファンの方が。
あまりにもアイばかがショッキングだったがためにトラウマになってしまったフシがあるのかもしれない。
アイドルファンたちよ、なんて翻弄されてしまう儚い存在であろうか。

と、
考えすぎはそれによって落ち込むのも良くないっすよ。
ざっと聴いてみたけど普通にいい曲ですよ笑
とにかく楽曲を楽しみ、ステージを楽しむことを優先しようじゃないですか、ねぇ。


ときめきのヘッドライナー(通常盤)ときめきのヘッドライナー(通常盤)
(2013/11/06)
Negicco

商品詳細を見る


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。