スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎駿はさっさと引退するべき

2013.09.10.Tue.23:57
思えばこのブログ、テーマなんでもありなんだった。
音楽のことばっかり書いてたからすっかり忘れてた。
こんなブログのタイトルにしなきゃよかったとも思ってる。

というわけで当ブログ史上初めての映画(アニメ)の話。

先日、やっと『風立ちぬ』を観てきた。
いい映画だった。
賛否両論があるといろんなメディアから聞かされて
実際に上映されてるときはそのことを忘れて観てたけど
普通に楽しんで鑑賞できた。

賛否の"否"でよく言われた、主人公・堀越二郎役を担当した
庵野秀明の声も特に気にならなかった。
演技云々のことを言われていたのだろうが
研究者や開発設計者はあんな感じの話し方…普通の人からみれば
愛嬌や感情の感じられない喋りが、
設計者でありやっぱりちょっと変な人と思われていたであろう
堀越二郎の役に合っていた。
「理系のちょっと変な人」を端的に表した好例のように思う。

何より、飛行機が飛ぶシーンが格別だった。
遠くの空で飛行機が飛ぶシーンを描かせたら宮崎駿の右に出るものは居ない。
そう感じるほど、本編の随所に出てくる飛行シーンは観る者を、
少なくとも自分の心を捉えた。
今までのジブリのアニメではあまり気にしたことがなかったが、
好きこそものの上手なれで
飛行機マニアでもある監督のその所業に
並々ならぬ愛情と同時にアニメの熟練の技術を見て取ることができた。

ということで、宮崎駿はさっさと引退するべきである。


…と常々思ってたんだけど、ヴェネチア国際映画祭の最中に引退宣言出ましたね。

宮崎駿監督、引退!ジブリ星野社長がベネチアで発表

駿のアニメ監督やめるやめる詐欺は以前から存じ上げており、自分の知る限り
97年の「もののけ姫」、04年の「ハウルの動く城」に続き3回目かなと思っていたら
通算5回目だったようで

ジブリ宮崎駿監督の「引退宣言」は5回目だったwwww 過去の引退コメントがいちいち面白いwwwww - NAVER まとめ

引退会見には13ヶ国600人の報道陣が詰めかけ、その様子はニコ生でも中継された。
今回はこれはほんとにかなりマジなようである。

そのかなりマジな引退を早くに決めたほうが良かったのでは?と。
宮崎のおじさんは監督として全てに指示を出すに飽き足らず
御年72を迎えても後輩や若手に混じり原画制作を行っていた。
先述の飛行機の飛ぶシーン然り、
「愛情がこもっていないとキャラクターに命が宿らない」とのことで
現場に自分の机を並べていたようだ。

その心意気やそれによるアニメの出来は素晴らしいが、それは同時に
宮崎駿本人がいなければ作品が成り立たないことを意味する。
原画制作に多く関わるということは、
キャラクターにもストーリーにも「宮崎駿」の味が色濃く出ることであり、
逆を言えば、関わりが少なくなれば駿の持ついい味が極端に薄まることになる。

また、宮崎駿が原画はおろか監督に携わることで、
ジブリの若手にチャンスが回ってこなくなるということも起きる。
若手が実践の場を失くし、経験が積めない。
すると経験のない若手に任せられない、となって駿が監督をして、
それによってまた若手が経験を積めずに…ということになる。
悪循環だ。
これは実際にジブリが抱えるジレンマであろう。

するとどうなるだろうか。
宮崎駿のいなくなったスタジオジブリは、そのアニメの質を、ブランド力を、
自ら衰えさせていってしまうのではないだろうか。
それは藤子・F・不二雄亡きあとの藤子プロ、
スティーブ・ジョブズ亡きあとのAppleと同じ道を辿ることになってしまうだろう。
(上記は賛否あるとは思いますが笑)

何度も言うが、今回の映画の内容は素晴らしい。
それは今までの作品の内容と実績も同様だ。
しかし一人の才能にその大きな部分を任せきりにするのは非常に危うい。
この宮崎依存から早く脱却しなければ、
スタジオジブリに明日はないだろう。
(それこそ駿の嫌うディズニーの、あのやり方を真似したらどうかね?と言わんばかりである。
ディズニーはウォルト・ディズニーの意志を、会社がしっかり受け継いでいるものと感ずる)
以上が、さっさと引退すべきであるの旨である。

駿には是非、監督業から距離を置くと同時に、
若手の教育をしてもらいたい…と思っているのだが
「公式引退の辞」全文を読む限り
"ジブリ美術館の展示"とか言ってるし、
果たしてそこまでやってくれるかどうか…
疑問が残るところだ。
駿が錯乱して心変わりするか、
プロデューサーの鈴木敏夫がくたばりでもしない限り、
実現できそうにない気もする笑
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。