スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/3新木場まつりのあと:POLYSICSのツナギがおニューに

2013.03.06.Wed.23:31
みなさんスタジオコーストお疲れ様でした。

何はともあれ、ライブのトピックといえばこれ。



新ツナギだ!
ヒャッハー!!

色鮮やかで遠くから見ても良く分かる
グレーの衣装からガラッと変わって明るいイメージになって
新鮮味も… ん?

こ、こりゃあ2010年まで長らくポリのイメージカラー
そしてツナギの色として大活躍した『オレンジ色』じゃぁねーか!!

胸の「POLYSICS」のロゴこそ違えどほとんど変わりない。
ポリクラスタの皆さんからは
「カヨちゃんを思い出しちゃう」「ヤノだけ違和感ある。特に髪型」
などの意見が飛び交い賛否両論。
あやうく間違えるどころか既視感満載だったのである(除くマサシ)。

ツナギをグレーにしたとき
ハヤシは「(オレンジは)今のカラーじゃない」って言ってたけど
そこから2年の間にどういう心境の変化があったのか。

考えるに、これはポリの新たな活動とその拡がりを意識してではないか。

この2年でフルアルバムを2枚とミニアルバム1枚、記念アルバムを1枚。
また久しぶりのシングルも出した。
ライブでは活動休止3ヶ月の後、3人でのご挨拶代わりの「eee-p!!!」をリリースし
「Oh!No!It`s Heavy Polysick!!!」までの間に音の試行錯誤を重ね、
15周年記念曲を経て少しリラックスし、
シングル作成から「Weeeeeeeeee!!!」の間に
バンドの居場所の確認とこの体制での音楽的な自由を得た。

3人体制での足場固めの時期は終わったんだな、と。

トレードマークとなり、オリジナルメンバーを髣髴とさせるものを排し
新たな体制の色として選んだのがこの色。
今まで付いた色を落とし一刻も早く自分たちの音の方向性を見出したかったのだろう。
掲げた目標は汗として染み込み、苦楽を共にすることになったユニフォーム。
いつしかグレーはハヤシにとってそんなちょっと苦しい時期を連想させる色に
なったのかもしれない。

グレーのツナギを脱ぎ捨てて新たなステップへ飛び出す時が来たということだろう。
そして選んだのが、オレンジ。

また、新木場では
ハヤシ「久しぶりに海外でライブをやります!いや~また海外でもツアーやりたいよねぇ」
なんて言っていた。
もしかすると海外を意識しての思惑もあるかもしれない。

と、そんな妄想をしてみたが本人そんなに深く考えてないだろうなぁw
新しい色を決めるに当たり、
メンバー、スタッフとある程度話し合いは行われたとは思うが。

個人的に言うと「いいんじゃん?」である。
何がいいんだよ、とツナギ各色に思い入れのある人には言われそうだが
このバンド、毎回新ツナギ(ユニフォーム)になる度に物議を醸してきたし
それに則れば今回も「してやったり」といったところだろう。

そういうのもあり、また個人的には
バンドの中心たるハヤシが選んだ色であるからして
それで本人が気に入っていれば、モチベーションが保てれば
いい曲を、いいライブをまた見せてくれるに違いない。
そう思っているから安心して見ている。
別段気にはしてません。

こんなに長々としかも真面目に語るつもり
なかったのに畜生w

ま、あとは慣れだw
最初にズコーしてからのそのうち気にならなくなるとか、
案外お約束の流れが待ってるかもしれない。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。