スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャットモンチー ~ サンタが中野にキスをした @中野サンプラザ 12/17

2010.12.18.Sat.23:59
 力、漲る。




こういうイベントには恋人と一緒に行きたかったです…泣笑

チャットのライブは六月に行った顔 to 顔ツアー以来二回目。
普通のツアーには参加未経験なのですが…
ミニアルバム「Awa Come」以降初のライブということで
楽しみにしておりました。


ステージを見下ろすような形の二階席からの眺め。
アナウンスに呼ばれて出てきたのはOKAMOTO'S。
今回のオープニングアクト。
観るのは初めて。

オカモトショウ「どうも、東京は新宿から来たOKAMOTO'Sといいます。
         今日はチャットモンチーのオープニングアクトとして
         やってきました。少しの間ですが僕らのライブを
         楽しんでいってください」

東京は新宿…  近っ!!
全然都会じゃんか。シティボーイズやんか。

いざ演奏を聴くとこれがカッコいい!!
弾けるように炸裂するドラムにキレのあるギター。
ベースが流れるように鳴りその上にヴォーカルが乗る。

エッジィなサウンド!でかい音!
10代とは思えぬ卓越した演奏能力!
メインアクト以外あまり興味なさそうな客!(笑)

知ってる人も中にはいたんでしょうが…(僕は知ってましたが)
でもそれでも手拍子や「チャット!」「モンチー!」
などとコール&レスポンスを煽ったりして凄く頑張ってた。

約30分ほどでアクトは終了。
最後のほうはお客さんも楽しんでいたように見えた。
アウェイでもしっかり、真面目にステージに取り組めば
観てくれている人たちに伝わるんだなと実感。
OKAMOTO'S良かったです!

続いてはメインアクトですが、なんとセッティングと
サウンドチェック中、スタッフの方がトナカイの格好w
細かいところでもこうしてイベントを盛り上げる。

いよいよ照明が落ちると、鈴の「シャンシャンシャン」
という音色が響き、ステージ上にパッ、パッと照明が
星空をイメージしたかのように光り出し、
最後にはドラムセットを横断するように貼られた
一直線のイルミが光ると同時に一斉にイルミがババーーン!
イルミ完成と共にお客さんの歓声があがる!!

「ジングルベル」の曲にあわせてステージに現われるメインアクト3人。
「みなさんこんばんは、チャットモンチーです」

始まったのは「青春の一番札所」
「すーだち酒でかんぱーーい」の声に合わせて皆乾杯w
そして「それでは、みなさん、お手を、拝借」の声に合わせての
「チャッチャッチャッ チャッチャッ」という手拍子。
よくよく聴けばコレ、お客さんと一体になる曲だねぇ。
手拍子の時にはくみこん(高橋久美子)がそれに合わせて
応援団のような手振り(下から上にあげていく)を見せて
笑いと一体感を作った。

「親知らず」「Last Love Latter」「Wake Up! Make Up!」
と徐々にテンポをゆっくり上げたり↑下げたり↓という流れを作り
テンションを上げていく。
一曲でわーーっと盛り上げるわけではないが
じっくりと歌詞を聞かせるかのような展開で全然ダレない。

あっこ「今日はミニアルバムが発売されてから初めてのライブです。
    来ていただいてありがとうございます!」
   「久しぶりなんでちょっと緊張もしてますが
    それも楽しみながらやっていきたいと思います!」
くみこん「今日はクリスマスのイベントなんで、
    いろんなプレゼントも用意してるんで楽しみにしてください!」

続いて「Awa Come」から「ここだけの話」「キャラメルプリン」
「My Sugar View」

そこからの「海から出た魚」

あっこのうねるようなベースプレイから始まる
まるで荒波を思わせるかのような曲展開。
それにあわせる照明の演出。
可愛らしい曲からからハードなナンバーまでこなすのが
チャットモンチーの魅力でもあるような気がする。

なにかさっきのミニアルバムの曲が回答であるかのような流れ。

あっこ「今日はプレゼントの中で一番いいおしらせをします。
    なんとチャットモンチー、来年アルバムをリリース
    しまーーす!」

わーーーいやったー!!笑

いや、もしかすると告知があるかとは思っていたけどね。
こうして誰よりも早く今日中野に来たお客さんに知らせてくれるのが
嬉しい。ほんと、いいプレゼントですよ。

その中からなんと新曲!
あっこ「少年がジャンプするような(笑)曲です。
    そんな気持ちで作った曲です」
聴いた曲はまさに少年が飛び跳ねるようなポップなナンバー。
アルバムりりーすが楽しみである。

あっこ「じゃあうちらのなかで唯一のクリスマスの曲を」

と言って始まった「迷迷ひつじ」
電話の無いサンタクロースはまさにいらないプレゼントを置いていった
、とさっきのプレゼントとは真逆な選曲。

「うちらが東京に出てきてもう五年ですね」
なんてトークからはじまった「東京ハチミツオーケストラ」

あっこ「えーっと、今日のライブでやって欲しい曲を
    皆さんに訊いたんやけど…」

そうそう、ツイッターで募集してました。

あっこ「なんかもう狙ったようにこの曲がダントツで一位やってん!
    ほんま、27、8の女が唄うような曲やないんやけど…」

リクエスト一位はなんと「夕日哀愁風車」
本当に初期の頃の曲だからライブでもほとんどやらなかったのかな?
いや、30になったらもっ唄えなくなるから今のうち唄っとけぃw

ここからは一気に畳み掛ける。
「湯気」から「風吹けば恋」へと恋愛の、テンションこそ同じだが
これまた対比させたかのように内容は逆。

演奏が終わり、一旦ステージ袖に消える3人。

アンコールの手拍子が響く中、
颯爽と現われたトナカイの気ぐるみを着た3人。
まさか、チャットのメンバーがついに被り物を!?

ひとりサンタの格好で現われたオカモトショウが唄うは
「シャングリラ」!
ま、まさか夢のコラボか!?

と期待に胸躍ったが「何やってんねんお前ら!」という声で
あらわれるチャットの3人。あ~競演はしないのね~とがっかり笑
いや、遠目から見ると誰だかわかんないんだよね。
OKAMOTO'Sは「やべっ!」と言いつつしっかり自分のライブ告知をして
去っていきましたw

「わたしたちのかわいい後輩、OKAMOTO'Sでした~」
と言って気を取り直して(笑)の本家3人の「シャングリラ」

そしてまたしてもミディアムテンポの新曲を披露!
「ハナノユメ」でテンションを上げたかと思えば、
ラスト「やさしさ」でゆったり。
このときがえっちゃん、一番声が出てたかなぁ。
ライブ通じて声は出ていたが、ここ一番という感じ。

最後にしっかりと歌いきりじっくりと聴かせて、ライブは終了。

締めは再びOKAMOTO'Sがステージに現われアクト全員でお辞儀。
全員が去った後、ステージのイルミに
「Merry Christmas」の文字がババーーン!

チャットモンチー(+α)からの素敵なプレゼントいただきました。
ありがとうございました!



最後に、自分のライブについての個人的な感想を。


はっきり言って今日のハイライトはミニアルバムで占めた前半。

このミニアルバムは「告白」のツアー以後の休養、
B面アルバムの顔 TO 顔ツアー、アメリカのSXSWツアーを終えて
彼女たちの地元・徳島で製作されたもの。

僕は告白ツアーが終わって以降からのファンなので
あまり詳しいことは知らないのですが。
3rdアルバム「告白」製作からツアー終了までの間は彼女たちにとって
とても大変な時期だったそうで、
精神的にも肉体的にも追い詰められていたということ。

この二年間は上述したように、彼女たちがやりたいことに挑戦し、
心身共にリフレッシュするための期間であり、
「Awa Come」はある意味リハビリのような位置づけで作られたものだと
捉えてアルバムを聴いていました。

しかし実際のステージを観て、音を聴き、圧倒された。
うまく言葉では説明できないがバンドとしてのサウンドが
より強固になり、逞しくなった。
骨太になったと言っていいだろうか。

ライブ定番曲や人気曲がだめだったとかではない。
もちろんそれらの曲も観ても聴いても楽しい。

正直に言えば自分は侮っていた。
これらの曲がライブでこんな風に鳴らされるとは全くの予想外だった。
ミニアルバム発売以降初めてのライブというプレッシャーで
いい緊張を保てたというのもあるかもしれない。しかし。

もし人が成長するためにある程度の時間が必要だったとすれば、
厳しい「告白」の製作とツアー、
その後の約二年のがそれを消化するための期間だったとして、
今この瞬間、このようなステージングが出来たということは、
彼女たちは明らかな成長を見たということではないだろうか。

今まさに大きくなった姿を目の当たりにしたような気分になり
唯ひとりで感動していた。
(上から目線でアレですが…汗)

なのでたぶん今度のアルバムは期待大。
もしアルバムの曲でピンと来なかったらライブに足を運んで見てください。
きっと今までと違うライブが観れるはず…
だと思います!!w

<セットリスト>

01.青春の一番札所
02.親知らず
03.Last Love Letter
04.Make Up! Make Up!
05.ここだけの話
06.キャラメルプリン
07.My Sugar View
08.海から出た魚
09.新曲
10.迷迷ひつじ
11.東京ハチミツオーケストラ
12.夕日哀愁風車
13.湯気
14.風吹けば恋

EN-01.シャングリラ
EN-02.新曲
EN-03.ハナノユメ
EN-04.やさしさ

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。