スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手にレビュー: Oi! Um bobo /ザ・クロマニヨンズ 

2010.11.09.Tue.19:59
Oi! Um bobo(初回生産限定盤)(DVD付)Oi! Um bobo(初回生産限定盤)(DVD付)
(2010/11/10)
ザ・クロマニヨンズ

商品詳細を見る


「あ、ここにロックンロールあったわ。」
会社の仕事で疲れて帰ってきて、
最近いいロックがねーなーと思ってたところ、
このCD聴いた瞬間にそう思った。

前作「MONDO ROCCIA」を聴いたときも思ったけど、
この安定感が揺るぎない。

ロック聴くのに、そんなに考えこむなよ。
と言って、それを体現しているバンドがいるとすれば
それは間違いなくクロマニヨンズ。

前作と比べて「コーラスワークが冴えてんなー」とか
「より楽しさが増してるなー」とか思ったのは、
スタジオを替えて録音したのと、もうひとつ
各音楽誌のインタビューで出てたことだけど、
70年代の日本の歌謡曲の影響が出てたんだね。

前回はビートルズや、あるいはそれ以前のエディ・コクラン
といったロック黎明期の音楽を聴いていたヒロトとマーシーだが。
影響を受けやすいのかな?w
ま、自分の好きなモノにより素直になってるということか。

個人的に「あったかい」の歌詞が好き。
あの無邪気で、不謹慎で、面白い発想の転換を示してくれるのが
いかにも彼ららしくて、痛快。

インタビューではまた、
「(ライブは)何も考えずに楽しみに来て下さい」
と言ってた。

昨今のバンドで、
曲だけでなく、ライブも何も考えず楽しめるなんて
そうそうあるもんじゃない。

若い子にも是非、40半ばのおっさんバンドと思わず
曲を聴いてライブに足を運んでもらいたいなぁ。

僕? 僕は勿論行きますよ。待ってろ浜松!w


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。