スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLUB MUSIC はつたいけん

2010.05.02.Sun.23:43
初めてクラブに行ってみた。

クラブ→ じゃなくて クラ↑ブ のほうね。

どちらに行っても大人の階段を一歩登れるわけだが
今回は後者のほう。
ズムズム音が鳴ってて踊ったりなんだりするとこです。

行った日は5/1。
でもオールのイベントだから事実上日をまたいでいるので
5/2も含む。

場所は新静岡駅を出て徒歩7~8分の割と近いところに。

今回行くことになったいきさつは
僕の勤める会社の社員の方がDJをやっているそうで、
クラブに行ったことのない僕は興味深深になって
しもたのです。

前回、ライブに誘っていただいた会社の先輩と共に
参加することになりました。

今回は様子見ということで、且つどんな格好で行ったら
いいかも分からないのでまぁダサくない感じで
あまり踊らないことを意識した服装でキメ。

クラブは地下1Fにあり、階段を降りていくともう既に音が
聴こえる。
PM22:00スタートなのだが会社の方のプレイが始まるまで
そこから一時間半あるということでその辺の時間に到着。

音が聴こえるのは当たり前。

鳴ってなかったら大変。

扉を開けてフロントの方に入場料を払い、ドリンクの半券と
左のお手てにハンコを「ポチッ」と。
これが入場の証である。洒落ているではないか。

中に入ると、ほんとにもう、12、3畳ほどの広さのフロアに
クモの巣を張ったようなデザインのDJブース。
中にはミキサーとノートPCが左右に2台。
ターンテーブルは無かったかと。

DJブースの向かいにカウンターバー。その横にPA・照明席。

お客さんは20~30人ほど。

で、まだ会社の方(Iさんという。以降DJ Iと呼ぶ)のプレイが
おやおや~? 始まってないよ~?

DJ Iに挨拶する。
「来てくれて有難うな! 楽しんでってよ!」

とりあえずカウンター近くの椅子に座って他のDJさんの
プレイを観て聴いてする。

先輩と「いつ始まるんですかねぇ」なんて話しながら音に
耳を傾ける。
実は次の日(5/2)に実家に帰省する予定だったので
とりあえずDJ Iのプレイだけは聴いておかなければ
というスケジュールであった。

音はテクノが基本でまだハードにはなってないかな?
という具合。アシッド・ハウスではないな。
まぁこんなこと言ってるけど自分もあんまり
ジャンルとかは詳しくないので。
好きなのはアシッド・ハウス方面かなーというくらい。

さて、今回4人のDJが入るということなのだが他にも
ラテンとかやる人もいるそうだがこのときは違った。

それにしてもDJ I、なかなかブースに入らん。
ま、クラブに『遊びにくる』という見方からすれば
いつ誰が始まるかなんてあんまり関係無くて
そこに鳴ってる音を楽しんで踊ってしまえばいい
ということなのだろうが。

お客さんもAM0:00を過ぎたところで続々入ってきた。

最大で60~70人は来たかな?という感じ。最終的には
人とぶつからないで踊るのが精一杯、というところまで来た。

僕もようやく酒を入れた。レッドアイ。うまうま。

んーーで、DJ Iのプレイがようやく始まったのがAM1:30頃。
当初聞いていた予定から2時間が過ぎていた。
こういうのって結構そんなもんなのか? わはは

DJ Iはテクノ基調でノイジーな感じ。
四つ打ちの音楽ばかりだけではなく、90年代USオルタナも
聴いてたDJ Iなのでその辺の影響もあるんだろうなー。

よくを言うと、
もう少し変化欲しかったなー、とw

勿論楽しんじゃえばそれでいいんだろうけどね。
僕が初めてのクラブで、音を聴きに行こうとしてたのも
あるけど。

やはりその辺は意識の問題とかもあんのかな。
DJと客との。

でも、あえて言うならお客がたくさん入ってきたなら
もっと盛り上げる感じのプレイにするとか
あると思う。

やっぱり客の側から見てて、他の客が

カップル男「どう?」
カップル女「つまんない」

とかいうのを間の当たりにするとね、
そう思っちゃうんだよなー。

「フロアを楽しませる」という視点に立てばもっと
踊らせるような工夫が…
なんて思わずに楽しんじゃえばいいんだろうけどねw
すいません、クラブとかライブハウスに限らず
初めて行く場所、緊張しちゃうのもあって…w
DJ Iも結構酔っ払ってたしなー。

その辺も含めてこれもクラブ文化の一端なのかな。

プレイが終わったのがAM3:00。
その辺で僕と先輩はおいとま。

ラテンの曲が流れて、そっちも聴きたかったけど、
このままここに居ると明日の予定に間に合わない(笑)

初めてのクラブ体験はここで終了。
お疲れ様でした。

ああいうのを観ると一流のDJのが観たくなっちゃうなー。
今度は遊びオンリーな感じで行きますよw
先輩、DJ I、そのつもりで今度またお願いします(笑)


ちなみに
僕に「今誰がDJやってんすか? どんな機器を使ってんすか?」
とか聞いて来た青年。
俺も知らん。聞く人が違うよーw
本人に直接聞けばいいんじゃない?割と色々と
教えてくれそうな気がする。
ああいう雰囲気だし、本人に訊いて失礼なことは
ないと思う。

それも含めてDJ文化、勉強にになりました。
先輩、DJ I、今回は本当に有難う御座いましたm(_ _)m

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。