スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

First Album - tofubeats を聴いてみた

2015.01.31.Sat.12:57
tofubeatsは神戸の出身である。
1990年の生まれである。
中学からPCに親しみ始め
作った楽曲はMySpace、ニコニコ動画、YouTube等でアップされ
UstreamでDJのストリーミングも行ったりする。
明らかにネット世代のミュージシャンである。

tofubeatsはPerfumeが好きだ。
中高一貫の男子校で6年間を過ごし、
その時期に行った彼女たちとの握手会がアイドル好きを決定的なものにした。
その点で言えば我々となんら変わりのない、20代の青年だ。

「First Alubum」は
藤井隆、RIP SLIMEのPES、BONNIE PINK、
神聖かまってちゃんのの子に東京女子流の新井ひとみ などなど…
果ては森高千里に至るまで多数のアーティストが参加している。
多彩な才能に囲まれて制作され、
どの曲もバキバキ踊れてしまう本作。

しかし楽しげな雰囲気の裏に、どこか物憂げな顔が見え隠れする。

前半はアゲアゲで進み、
アルバム後半に行くにつれヴォーカルの声は鳴りをひそめ、
そこからトラックがひたすらビートとリズムを刻む。
ゲストのいないtofubeatsの独檀上。
物語は「衣替え」の言葉通り、事実上の転調の終わり、
「way to yamate」と「ひとり」で
今までトラックに乗せていたはずだった彼の気持ちが
吐露される。

「#eyezone」で緩やかにパーティが始まりDJの時間。
"インターネット繋いでバカンス"
"ダンス踊って忘れちゃう"
光回線がWi-Fiが休暇の地への乗車券。
「poolside」のバカンスの解放感、 
「Come On Honey!」のシーサイドの解放感が、
現実からの逃避を加速、象徴させる。
「ディスコの神様」に楽しい人生をお願いし、
救ってくれないから「検索」エンジンに「おしえて」とすがる。

「First Album」は
tofubeatsそのものである。
「はじめまして」の名刺代わりであり、裸の彼そのものだ。
そしてそれはまた、音楽でもってなんとか毎日をやりくりする
"インターネットで繋がっている先の遠いところにいる"僕ら自身でもある。
"知ってるやつの顔は俺と似てる"かもしれない。

リフレインする"止まることのない音楽を"というフレーズは
ネットワークで音楽を共有して遠いところと繋がることのできる喜びであるし、
その裏、実際には繋がっていない現実からの逃避のようにも聴こえる。
「朝が来るまで終わる事の無いダンスを」と渇望して
暗い夜の、暗い部屋の中でただ一人踊る
ワンルームディスコ。

「Don't Stop The Music」と願っても
全てを忘れて踊り続けても
白々しく夜が明ける。
朝がやってくる。
またパッとしない救いのない一日が始まる。

だが一日が終われば
僕らはここに戻って来よう。
また遠いところにいる彼らと繋がることができる。
家に帰れば「First Album」が待っている。

"ていうか毎日 音楽で"
"ヘッドフォン外せない"


なんでアイドル好きなの? - tofubeats - ザ・インタビューズ

90年生まれのアーティストtofubeatsさん「URLが現実をエンパワーしてるのが今」 : ギズモード・ジャパン


First Album(通常盤)First Album(通常盤)
(2014/10/02)
tofubeats

商品詳細を見る

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。