スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 「ちはやふる 上の句」 を観た

2016.04.28.Thu.23:59
news_xlarge_chihayahuru_201509_01.jpg

ちはやふる 上の句。見てきました。
Perfumeさんが映画主題歌を担当しているので「うーんどうするかな」と思っていたところ
SNSで絶賛されてたのを見て、観てみることにしました。
そうしたらこれが予想外に面白い!
あまり期待をせずに臨んだのもあるけど、逆にそれがよかったのかもしれない。
もしまだ見ていない人がいれば、あんまり期待せずに観に行くのがいいだろう。
なんだったら割引サービスの日に観に行ったっていい。
楽しんで帰って来れるはず。

では、感想をば。
※以下の内容はネタバレと他の作品を交えた内容を含みます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

映画を見終えて浮かんだ言葉は「絶妙」の二文字である。
この"絶妙"さこそが「ちはやふる」という映画を良作たらしめる元となっていると確信した。
では一体なにがどう"絶妙"だったのか。

絶妙のキャスティング

まずキャスティングである。
漫画が原作の映画となると、どうしても原作キャラと実際に演じる俳優とのマッチングが重要になってくる。
このキャスティングをひとつ間違うと「原作とキャラが合っていない」「イメージと全然違う」などと
制作発表の時点でバッシングの嵐になってしまうことがよくあるのは周知のとおりだろう。
この「ちはやふる」も制作発表の際にミスマッチを指摘されたらしいが、
実際に本編を観てみるとそれを感じることはほとんどなかった。
なぜか。
それはビジュアルではなく「役にどの俳優の演技が合うか」を優先している点だ。
このキャスティングの"妙"が「ちはやふる」を語る上で大きなポイントとなっている。

まず主役の三人。
広瀬すずが演じる綾瀬千早は「美人」なのに「かるたバカ」であるという設定を上手く使っている。
今回筆者は初めて広瀬すずの出演作を見たのだが、この子は確かに紛れもなく美人だ。
その「紛れもなく美人」の役者が劇中でひとつのことにのめり込み、白目を向いて倒れる演技をするから
「美人なのにかるたバカ」という役に説得力が出る。
news_xlarge_chihayahuru_20151217_14.jpg

見た目でああだこうだと言われてたみたいだが、
映画を観ている最中に違和感を感じることはなかった。
そしてその演技は監督にも絶賛されていたほどだ。
「ちはやふる」初日 「本物の女優が来た」と監督絶賛に大照れ

綾瀬千早の幼馴染みの真島太一を演じる野村周平も、
千早に振り回され、運のなさに付きまとわれる三枚目をよく演じていたと思う。
綿谷新役の真剣佑はまだ本編(上の句)にあまり出てないからまだわからないかな…。
ちはやふるのキャスト「野村周平」

ちはやふるのキャスト「真剣佑」
それでも見ての通り二人とも小顔で、ある程度の背丈もあるので、ここにおいて
「千早は背が低い」という設定をクリアしている。

「役にどの俳優の演技が合うか」を優先しているのは脇役も同じだ。
しかもそれにプラスして、ビジュアル面でのマッチングがさらに絶妙になる。
"肉まん"西田優征役の矢本悠馬はあの顔であのノリで、
大人計画に所属てしていることもあろう、「お調子者」を演じきっていた。
ちはやふるのキャスト「矢本悠馬」

"机くん"駒野勉役の森永悠希もキャリアの長さを生かして他の作品では演じたことなかった「オタク役」を
好演していた。
さらに大江奏役を演じる上白石萌音は演技もさることながら、そのビジュアルが"絶妙"。
「実家は呉服屋」「古典好き」という設定にあの"いかにも和風の日本人顔"を持ってきたのが素晴らしい。
また短い髪を後ろで二つにまとめたらまさしく「オタク」な風貌になったことも役との相性に拍車をかける。
上白石萌音は周防正行監督作『舞妓はレディ』の主演を務めたこともあり、納得の配役である。

そのほか北央学園競技かるた部のエース・須藤暁人役の清水尋也もまた絶妙だ。
須藤暁人の性格は「ドS」なのだが、清水尋也の顔立ちと目つき、風貌がいかにも
「ドS」を体現していて見事。
news_xlarge_chihayahuru_20151217_13.jpg

ここも千早と同じで「役の設定をマッチングさせる」ことで観る人を納得させてしまう好例だ。

細かいところで言うと「これは!」と思ったのが子役である。
劇中、主役の三人の子供時代がの回想シーンで出てくるのだが、
その子供時代の三人がまさに「この三人の子供の時ってこんな感じだったんだろうな」と
思わず感じてしまうほどの配役だったのだ。
だいたいこういう回想シーンは、今現在の役と子供時代の役なんて顔が似ていないパターンがほとんどだ。
それは役者の演技の善し悪しとか事務所の兼ね合いとかでどうしてもそうなってしまうのだが、
「ちはやふる」では「子供時代を演じる子役」に至るまで徹底して配役にこだわっていたところに感動した。

また、若手俳優だけでなく大御所の役どころも見逃せない。
かるた部顧問の宮内妙子先生を演じる松田美由紀はバッチリのハマリ役。

0db014340f72e6d55bceae6802fd2860.jpg
役者としての重鎮具合からすればもっと出番があっても良かったものを
劇中ではあまり出てこなかったというもったいなさ振り。
極めつけは主役三人のかるたの先生である原田秀雄役の國村隼だ。

e3f2871eb7dd80c23feed789d62cb13c.jpg
いや本当にこんな神主居そうだし
「いやあ、実はかるた歴40年なんです」と言われたら
「へええそうなんですかああ」とその言葉を無条件に信用してしまいそうだ。
多くの若手俳優がひしめく中で彼の演技が作品を引き締める。
映画の出演頻度やメディアの露出具合、世間の知名度も含めて、この配役こそまさに"絶妙"である。

そして



ちはやふるのキャスト「坂口涼太郎」

彼のムカつき具合、最高です。


絶妙な無理のなさ

"絶妙"といえばストーリーと展開においてもである。

まず物語の流れのテンポが良い。
これは「説明口調を用いていない」「ストーリーで昔のことの説明を省いている」点によるところが大きい。
単行本数冊に渡るストーリーと人間関係を、映画では正味2時間で一気に見せなければならない。
ゆえにどうしても説明口調が多くなったり「ここに至るまでの経緯」を示さなくてはいけなかったりする。
しかし「ちはやふる」では、それを無くす。
物語の要となる大事な部分のみの説明以外は一切省いたため、
展開に滞りがなく実にスムースに話が進んだ印象がある。
どこを切ってどこを残すかの取捨選択も良かったのかもしれない。
松田美由紀の出番をバッサリ切ったのも展開をスムースにするための一環だったのだろう。
結果「説明口調なんていらなかったんだ!」と思えるほどのテンポの良さを生んだ。

また、あらゆる説明やシーンをバシバシ削ったにもかかわらずストーリーに無理がない。
テンポを良くしようとするとその反面、「これ、こんなに上手く行くか?」的な
物語を急ぐあまりに話に無理や矛盾が生じてしまうリスクが出てくる。
しかしこのリスクもあっさり回避してしまった。
この理由はもう、どこを切ってどこを残すかの取捨選択が良かった、ということになるのだろうが、
もうひとつの理由はキャラクターたちが織り成すドラマにあるのではないかと思う。
あのエキセントリックなキャラたちが集まったからこそ、
普通ならありえないような展開ができあがり、
「このキャラクターならこの展開もありうるな」という、見る人への納得に繋がる。
「説明の排除」「展開のテンポの良さ」「無理のないストーリー構成」は
まさに"絶妙"である。


エキセントリックなキャラクター

その「エキセントリックなキャラクター」は、話が進んでいくうちに
すんなり自分の内に入っていったのも印象に残った。
漫画のキャラクターといえばインパクトを重視するためエキセントリックな設定である場合が多い。
「ちはやふる」も同じで、キャラクターの登場シーンでは
「あーあ、やっぱり漫画のキャラだなあ」という「こんなやつ実際にいねえよ」的な違和感があった。
しかしストーリーが進んで、キャラの詳細が徐々に明らかになるにつれて
みんな血の通った、親近感のあるキャラになった。
唯一、主人公である千早はエキセントリックなままであった(笑)が、
太一は主人公でないがゆえに話の「中心」になることが多かったし、運の無さに苦しんでいた。
机くんは人間味のなキャラかと思えば、一番人間臭い感情を露にした。
先述したとおり「エキセントリックなキャラクターに話を運ばせた」ことが
無理のないストーリー展開を生んだ要因かもしれない。

キャラクターの人間味とストーリー展開がマッチした見事なシーンといえば、
物語終盤、関東大会の決勝で千早たちの相手となった
北央学園のムカつく悪役ふたり、須藤とヒョロである。
例えると「ドラえもんのジャイアン」である"ザ・悪役"ドSの須藤は、
激闘の試合を終えて白目をむいた千早に驚き、「死んでる!!!」と叫び、
観る人の笑いを誘った。
太一と対戦した「スネ夫」のヒョロは最後にお手つきをしてしまったが、
彼は異議を立てることもなく負けを認め、悔し涙を流した。
悪役にお笑いシーンに持ってきたこと、思わず同情してしまうシーンに仕立てたことで
「悪役」から、彼らもまた「親近感のあるキャラ」になった。
また、大会で優勝したことに加えて物語において「悪役」がいなくなったことで、
見事に「この話がここで終わった」という意識を観客に植え付けることに成功した。
そして新の「あの一言」で次なる展開「下の句」へと、気持ちも新たにつながるのである。
ここでも、"絶妙"。


ちなみに筆者が誰の気持ちが一番分かるかといえば机くんです。

tsukue.png


広瀬すずはかわいい

news_xlarge_chihayahuru_20151217_16.jpg

広瀬すずはかわいい。
これは事実である。
かわいいは正義だ。
三段論法にすると「広瀬すずは正義」になる。
広瀬すずは正義である。
こんなに間違いのない公式があるだろうか。
驚いたのは千早が競技に集中して目を「カッ」と開くシーン。
あの目の形が、まるで漫画に出てくるかのような絵に描いたような目だった。
目の形がもはや漫画レベルの美しさであり、
目の形だけで画が持ってしまう。
まさに「歩くかわいいは正義」と言って差し支えないだろう。

でも




kanata.png

僕は萌音ちゃんが好きです。


競技かるたはスポーツである

news_xlarge_chihayahuru_20151217_11.jpg

競技かるたはほとんどの人がルールを知らないし、
「なんかこういうもの」くらいのイメージを持っているものだと思う。
自分もそうだった。
だが実際は文化系とは真逆の「体育会系」であるという衝撃の事実だ。
劇中でも「合宿」を行っているし、
大会の団体戦では「相手に誰をぶつけるか」といった、
かるたの技術とは別のところでの「頭脳戦」も必要になってくる。
自分を含め競技かるたを知らない人は誰もが驚いた点ではないだろうか。

「文化系ではなく体育会系」というところで思い出したのが
「幕が上がる」という映画である。
SL1500.jpg

「幕が上がる」は高校の演劇部を舞台にした青春映画で
原作は平田オリザ、脚本 喜安浩平、監督 本広克行で、
主演は今会えるアイドルでお馴染みのももいろクローバーZで話題にもなった。
僕が思い出したのは「高校をのとある部活動に青春をかける」という点でもそうだが、
この映画で演劇部の顧問の先生役を演じた黒木華の言葉だった。

geo15111905050004-p1.jpg
自身も学生時代に演劇部に所属していた彼女はいくつかのインタビューで
「演劇は文化系と思われてるけど、本当は全然違う」
「体育会系なんです。スポーツ、格闘技なんです」
と語っていた。
僕がフラッシュバックしたのは彼女の言葉であり、
「ちはやふる」は「幕が上がる」と同じで、
実は文化系と思われがちな体育会系の青春の物語だったという
事実と関連性だった。

ただ違いは「ちはやふる」は主人公三人の恋愛関係が物語に絡んでくるのに対し、
「幕が上がる」は恋愛的要素が無いところだ。
ここはももクロはアイドルだから…ということなのだろう。
映画作品とはいえ恋愛がらみはNGだと笑

この「幕が上がる」も青春映画としてすばらしい作品なので
興味の持った方はぜひ観て頂ければと思う。
アイドル映画と侮るなかれ。




EDにPefumeの主題歌

スタッフロールのエンディングにテクノポップユニット・Pefumeの新曲「FLASH」が流れる。
作曲したのはcapsuleの中田ヤスタカで、
これまでPerfumeのみならず映画・CMでいくつもタイアップの曲を作ってきた。
Perfumeだと森永乳業「Pino」のCMや映画「ドラえもんひみつ道具博物館(ミュージアム) 」、
きゃりーぱみゅぱみゅでは求人サイト「an」やコカ・コーラのCM、
三戸なつめでは米映画「ピクセル」の日本版エンディングテーマなど、
数多くのタイアップを手掛けてきた。

今回も中田ヤスタカ得意のタイアップの曲作りがいかんなく発揮されている。
「舞う落ち葉が 地に着くまでの
刹那的な速度に近くて
フレームは一瞬 ハイスピードで
一直線 光裂くように」

「火花のように FLASH 光る
最高のLightning Game
鳴らした音も置き去りにして」

「かざした手を弓矢に変えて」

など、劇中のまさにあっという間の勝負、
弓矢が飛ぶかのような鋭い腕の動き。
一瞬の攻防が「火花が散る」のを彷彿とさせるにふさわしい。
これが本編の映像の記憶と相まって、
「ちはやふる」にぴったりの曲になっている。

これが功を奏したのか、「FLASH」のMVも
映像作品としての出来の素晴らしさも手伝って
Youtubeでは異例の再生回数になっている。
「ちはやふる」を観た方はこちらもチェックしてみてはどうだろう。



以上が「ちはやふる」を観ての感想。
後ろのほうの項目、どのへんが"絶妙"だったの?
なんて思っちゃダメだゾ✩
4/29には続編「下の句」も公開されるので、
「上の句」を観た人にとってはいよいよといったところである。
邦画だから、とか、キャスティングがちょっと…
などと言わずに一度映画館に足を運んでみてはいかがだろうか。
きっと楽しんで帰ることができるはず。

スポンサーサイト

Perfume 「COSMIC EXPLORER」を聴いてみた

2016.04.09.Sat.23:47
BABYMETAL旋風もようやく落ち着いたところ
(いやまだ続いてるけどあえて落ち着けた)
で待望のPerfumeさん新譜リリースですわ。
しかも前作から2年半ぶり。
結構間空きましたね。
内容はどんなモンなんじゃろ
ちゅうことで拝聴。

「Navigate」から本アルバムをナビゲートされる。
Perfumeのアルバムではおなじみといっていい「導入部」的な曲。
2曲目との間が1秒くらい空いてるけどなんで空けちゃったんでしょう。

アルバムタイトルでもある「Cosmic Explorer」。
曲の印象は先に出した「STAR TRAIN」から"続いている"感じがする。
Perfumeほど、前作からの反省が目に見えてわかる・曲の変化がはっきりとわかる
アーティストもなかなかいないと思う。
「これ、Madeonじゃん!」て声があったので確認したらホントにMadeonでした笑



でもMadeonは自身が「中田ヤスタカの影響を受けた」って公言してるんで
まあいいんじゃないスか?
ヤスタカ「ごめんインスピレーションされちった」って言えば許してくれるでしょうマデオン。
歌詞が宇宙と交信したかのような神秘的抽象性に溢れていて
曲を聴いているうちにそのまま自分の幽体が空の彼方まで離脱していってしまいそう。
間奏部分の「ウーウー」は声にエフェクトかけた方が良かったんじゃないか?とは思った。

そのまま「Miracle Worker」に突入。
起こせミラコゥ!
「Cosmic Explorer」よりももっと歌詞が抽象的。
恋のことっぽく聞こえるけど、どうとでも取れるような内容。
テーマは今までのPerfumeだけど、歌詞に具体性が無いし曲に抑揚が無い。
そのへんにこの曲の新しさが見える。
今回いくつかの曲でウーウー言ってるけどここでも結構言ってる。

「Next Stage with YOU」はベンツのCM・キャンペーン曲でしたね。
「Miracle Worker」と歌詞が…ほとんど同じという。
だが相手に対して「疑問を抱いて」たのが「信用する」にスイッチングする。
曲調が明るくなったのが、「ほんの少しだけど前向きになった」という変化の気づきを後押しする。

「STORY」
往年のファンとしては今回の目玉のひとつとなるこの曲。
これがそのまんまもともとの曲の長さなのかな。
曲自体は「おおっスゲー」ってなるんだけど
「もっと長くてもよかったんじゃない?」という物足りなさを感じた。

これも「リスナーからの意見」を反映させた結果なのかな、と。
こういうほとんどインストゥルメンタルのバキバキのダンスナンバーって、ライブだと客の地蔵率が高いんですよね。
「edge」でも「Perty Maker」でも、画面に映像は流れるけど、突っ立ったままその映像見てるだけっつーか。
結局「Perty Maker」は「ぐるんぐるん」ツアーと「3:5:6:9」ツアーでは曲が短くなってた。
「STORY」はSXSWで披露されるということでライゾマティクスの映像も入って、
かなり作りこまれた気合の入った、まさに「映像ありき」の曲。
もちろん「SXSWだからエッジの効いたもん作らな!」ていう目的もあっただろうけど、
「ライブで曲を披露しても結局客の反応が良くないんだから(踊ってくれないんだから)、
映像を見て楽しんでもらったら?」
ていう考えのもとでこうなったんじゃないかなー、と妄想したりした。
もしそういう流れだったとしても無理はないと思う。

それを言うと、1曲目と2曲目の間を開けたのも需要側の意見を反映させたとも言える。
ライト層から言わせれば「なんで間がないんだ。境目がないと別の曲だってわからないじゃないか」
ってことかも。

重厚かつ緊迫感溢れる音の連続が終わると、向こうから新たな音がやってくる。「FLASH」だ。
ここから怒涛の「Album-mix」大連チャンである。
サビ部分があたかもBメロみたいな立ち位置になってその後はEDMよろしく。
この曲がもともと映画「ちはやふる」の主題歌であるPerfume的「J-POP」であるということを
忘れて欲しいと言わんばかりのダンスチューンremix。

「Sweet Refrain」もまるで別の曲になったかのようだ。
原曲(2013年発表?ひゃーっ)のもともとのメロディに裏メロを付けることで
曲調が軽やかになり流れていくかのように曲が進んでいく。

mixされた曲のなかにぽつんと新曲「Baby Face」が入ってくる。
大正琴のような音色が響く間奏といい、聴いていると「和」という言葉が頭に浮かぶ。
本アルバムの中で一番と言っていいくらいの可愛らしい歌詞と相まって、
春のうららかな陽気、咲き乱れる花々の風景が見えるよう。
Perfumeにありそうでなかった曲。

「TOKIMEKI LIGHTS」も「Sweet Refrain」同様に裏メロが付いて原曲よりも曲の運びに澱みがない。
「Sweet Refrain」ほどの大きな変化は感じられないのは
ついこの間リリースされた曲だからか。

曲と曲の間がうまくつながってきたのも束の間、
劇団四季「ライオンキング」の足音が聴こえてきて、また転調。
「Cosmic Explorer」が宇宙の彼方へ連れて行ったのに対し、
「STAR TRAIN」はスピリチュアルで、
サバンナの地平線の彼方に飛ばしていってくれる。

草原から都会に戻ってくる。
「Relax In The City」の街並みの見える朝から「Pick Me UP」のビルディングの間のダークな夜の闇へ。
この二曲は原曲、しかもシングルの曲順そのままだ。
大自然に溶け込んだはずの体がひとりの「人間」に舞い戻っている。

このままの流れで最後まで進むのかと思いきや「Cling Cling」がまた
原曲と全く違った印象を植え付けるmixだからどうしたもんだ。
だがもともとの曲を知ってるからこその「転調」であり、
奇をてらったという感触はない。
アルバム全体の雰囲気からするといい意味でのフックになっている。

ラストに「Hold Your Hand」
この曲なしでも終わることができただろう。
だがこれがあることで、これまでのアルバムの旅の終わりを告げるにふさわしい役割を得ている。
これまでのようなギミックたっぷりの曲で締めなかったことが逆に、
緊張感が抜けてホッとした安堵に包まれる。

新曲が前半に集中し、後半はほとんど既存曲とそのremixという、
最初曲目を見たときは「なんやこれ」と思ったが
まったく心配することはなかった。
全体的になにか「春」を彷彿とさせるようなイメージが感じられる。
曲のクオリティは言わずもがな。
聴き終えると一曲一曲ごとに個性がありながら
アルバム全体になにか…一貫性のようなものが感じられる。

ひとつ気がかりなのはヤスタカの言ってた
「Perfumeの音楽を取り戻す」とはなんぞや。
「GAME」とはまったく違うが、それに似ている、と言う人もいる。
アルバムのコンセプチュアルなところからそんな印象を受けるのかもしれない。
いや「GAME」も音楽的な面から言えば、当時の流行であったエレクトロの流れを汲んだサウンドで構成されていた。
それを考えれば「COSMIC EXPLORER」も現在の流行に沿ったサウンドを全面に取り入れたということは
曲を聴けば十分に納得がいく。
アルバムのコンセプトが『いまのPerfumeで「GAME」をやったらどうなるか』であったら、
ヤスタカの言っていることもなんとなくわかるような気がする。
「GAME」との類似点を具体的に言うと、先述したサウンド面とそのほかに
「羅列したような機械的な言葉」「ポップなメロディの中に感じる切なさ」といったところだろうか。
「Baby Face」は「マカロニ」的な役割にも思える。

もうひとつ、それに関連すると思われる面白い点を挙げるとすれば「FLASH」である。
ちょっとアカデミックな話。
一般的にJ-POPは(洋楽もか)既に決まった流れで曲が進行しているのは周知の通りだと思う。
それぞれパートで割り振ると次のようになる。

イントロ→(1番)Aメロ→Bメロ→サビ→間奏→(2番)Aメロ→Bメロ→サビ→間奏→(3番)Aメロ→Bメロ→サビ→アウトロ


Aメロはイントロを受けてのそのままの調子で、Bメロは次にサビに繋がるのでAメロより盛り上がった感じに、
サビは曲のメインとなる盛り上がりどころとなる。
2番と3番の間の間奏にギターソロが入ることが多いですね。
3番はメロなしでサビにそのまま繋がるパターンもあり。
曲によってパートの順番や構成は変わるだろうが、あくまで基本的な形はこんなところである。

Perfumeの場合、サビの部分を曲のはじめに持ってくるパターンがイントロあり・なしを含めてすごく多い。
例を上げると「チョコレイト・ディスコ」「Baby Cruising Love」「Dream Fighter」「ねぇ」「レーザービーム」「不自然なガール」など…
これ以外にもたくさんある。
Perfumeではお馴染みといっていいくらいの、曲作りの常套手段の一つである。

「FLASH」を聴いたときに「このギュッと心を掴まれるような最初の十数秒はなんだ?」と思ったのだ。
ちょっと観察してみると、とても珍しいことに"Bメロ"から曲が始まっていることに気づいた。
なるほど、あの曲の冒頭の、切なさと高揚感を兼ね備えた感じに急に持っていかれるのはこういうことかと。
で、このBメロから始まる曲が他にあって、それが何かと言うと「ポリリズム」なんですね。
「FLASH」以外にBメロから始まる曲はPerfumeではこれ以外に存在しない。
出だしのBメロ→サビ以降の展開も、「FLASH」はサビが一つ増えた程度で「ポリリズム」にそっくりである。
いまここにおいて、9年前に出した曲(!)の手法を引っ張り出してきたこと。
「ポリリズム」が収録されているアルバムは「GAME」である。
「FLASH」が収録されているアルバムは「COSMIC EXPLORER」である。
あまりにも出来すぎていないだろうか。

ここに気づいたとき、先に言ったとおり、ヤスタカはもう一度「GAME」をやろうとしたのだと。
そう思った。
「Perfumeの音楽を取り戻」しにかかったことは疑いないと確信した。

これをやろうとした経緯までは突っかからないが、
気合を入れてこのアルバムを制作したことだけは確かである。

結果素晴らしい一作になっているし、いいんじゃないですかね。
BABYMETALの勢いに押されるんじゃないかと思ってたけどそんなことなかった。
安心しました笑
これでジャケットがもうちょっとよかったら…モゴモゴ

こんな感じでアルバムを聴いた感想と考察。
ツアーも既に決定しているし、この新曲の面々が
ライブでどう披露されるか、今から楽しみである。


※FULL公開されたのでShort.Verから変更しました




BABYMETAL - METAL RESISTANCE を聴いてみた

2016.04.01.Fri.23:59
予想通り大変なことになっているようです。




1日現在、日本では総合アルバムチャートで最高1位、アメリカでは総合アルバムチャートで最高3位、メタルチャートで1位にランクインしたほか、Amazon USAの総合チャートでも6位にランクインをしている。また、明日2016年4月2日(土)にウェンブリーアリーナで日本人初のワンマンライヴを行うイギリスでは、総合アルバムチャート最高7位、メタルチャートでは1位を獲得した。 -RO69 「BABYMETAL、世界同時発売の新ALが各国のチャートを席巻!」



発売初日にゲットして二日で10周くらい聴いてました。
最初の1週目は「こんな感じかあ」「こういうマスタリングなんだ」みたいな感じで割と冷静に聴いてたけど
なんだかんだ、気づいたら何度も何度もリピートしてた笑

アルバム全体の印象は
全曲通して重低音を効かせるのではなく高音域に重点を置いている気がした。
音質はシャリッとした感じを受ける。
CDで聴くとその辺がより分かる。
MP3で良く聴こえるようにしたのかもしれない。
SU-METALのあの独特の声質と伸びのある歌声が映えるような音作りをしたのかなあ、などという妄想もしてみた。

ただ危惧していたように、ある程度の「一般化」が見られたことは否めない。

BABYMETALの魅力を端的に言うと「アイドルとメタルの融合」である。
少なくとも世界中のファンの中でも古く、多くの体験をしてきた日本人のいちファンからすれば、
もっとそれを残してもよかったんじゃんじゃないか、という気持ちが正直ある。
アルバム全体を通して魅力が薄れてしまった感がどうしても残る。

だがプロデュースは誰かといえばKOBAMETALである。
結成から世界に羽ばたいていったその状況を誰よりも間近で見てきた人間の一人だ。
言ってみればその張本人である。

張本人が「次はこれでいこう」という判断をした。
今や世界中にその衝撃が広がり、日本のアイドルという枠を飛び越えて
世界の名だたるアーティストと肩を並べるところまで行っている。
今回の「一般化」とは、ライトなファンを含め多くの人に届けるということを意識して、ということなのだろう。
その「一般化」がなされてもなお、アルバムを聴く脳と体は何度も楽曲からの刺激を求めた。
それは事実。
発注先の選択から注文内容まで綿密な連絡の取りあいをして曲を作り上げるスタイルを崩さないKOBAだ。
形はどうあれ"聴かせる"楽曲になっているということなのだろう。
最初MVを観たときはあまりピンと来なかった「KARATE」もスルメになってたりする。
BABYMETALの「アイドルとメタルの融合」、
"メタルの激しく攻撃的なサウンドに女の子のキュートな歌声が乗る"という特徴をしっかり捉えて
新曲にも生かしている(あるいはまだそれが自分たちの中に快感として記憶に残っている)
ということか。

つまりは「『BABYMETAL』のアルバム」からすると及第点だが、
一つの「アーティストが作ったアルバム」からすれば素晴らしい作品に仕上がっている。
ということ。
「BABYMETALのこれからを見据えての布石となるアルバム」としておきましょう。

しかし、まあ、ズルいなと笑
まだまだBABYMETALのファンでいられちゃうじゃないですか、
ホントに。

といったところがアルバムを聴いての感想。
お馴染み何様目線でお送りいたしました。

ウェンブリーアリーナの公演が間近ですが、直前でチケットも完売したそうで、
あとは無事に終わることを祈ってます。
今までやってきたことで観る人を沸かせ、楽しませてきたのだから、
今回も今までと同じことを同じようにやればいいだけ。
会場にいる人を楽しませてきて欲しい。

「FOX DAY」と名づけたのは、これで終わりではない。
またここから始まるのである。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。