スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももいろクローバーZ 「GOUNN」を聴いてみた

2013.11.08.Fri.23:09



約1年ぶりのシングルですよ。
サラバ以来、2013年のシングルCDはなぜこれ一枚なのかというのはとりあえず置いといて。

初めて聴いたとき、ドラゴンボールのOP「摩訶不思議アドベンチャー」を思い浮かべた。
それもこのGOUNNもチャイナっぽいのが自分の頭の中でリンクしたのかもしれない。
調べてみると作曲を担当したしほり氏はアニメ・ゲーム系の作曲家ということで
「あぁ、」と納得。
ご本人もももクロのファンであるらしい。




MVも二次元に…アニメのOPに作り直してもいけるんちゃうか?という内容になっていて、
楽曲を受けて映像も自然にこうなったのかな、と思わせるに十分な出来。

演奏はバンド編成。
ギターとプログラミングにももクロにはもうお馴染みNARASAKIが参加しているほか、
今回はベースに「OKAMOTO'S」のメンバーでありダウンタウンの浜ちゃんの息子である
ハマ・オカモトが、
ドラムにここ最近アイドルとのコラボレーション著しい「凛として時雨」の
ピエール中野が参加するという
ももクロならではといった(ロックファンも意識した)布陣となっている。

ざっと聴いた印象では、ぶっちゃけフックがないのよ笑
しっかりとした楽曲にはなっているけど。
ハマ・オカモトとピエール中野のリズム隊は素晴らしい。
アイドルソングにするには勿体ないグルーヴに思わず聴き入ってしまう。
もっと聴き込んだり、或いは実際のステージを観れば新たな発見や驚きがあるのかもしれない。

今作はなぜこのような方向になったのかという疑問に対して
ひとつ答えとなるものがあるとすれば、
それはマネージャーkwkmこと川上アキラ氏の言葉ではないかと推測する。
kwkmはとあるインタビュー(ラジオだったかもしれない)で
アルバム「5TH DIMENSION」収録の楽曲について次のような旨の発言をしていた。

「たくさんの作曲家さんたちが素晴らしい曲を作ってくれて、それはありがたいのですが、
 メンバーが歌いづらくなっていたりして。
 どうしてこうなったのかなと思ったりはしている」

間違ってたらごめんなさい笑
不満だらけではなかっただろうが、kwkmとしては引っかかる部分があったようだ。
それを打開する一手として出したのが今作ではないだろうかと。
「5TH DIMENSION」で見せた大物アーティストのような楽曲とその制作スタイルを路襲しつつ、
新たな方向性を探ったのかもしれない。
いずれにせよ今作の楽曲の内容とkwkmの発言を重ね合わせると辻褄は合う。

こんなこと言っといて、本当は全然違うのかもしれない笑
まぁあくまで個人の予想なんで。

もうひとつ、C/Wについて。
通常盤のみに収録され、
itunesや日産スタジアムで発売よりいち早くお披露目された「ももいろ太鼓どどんが節」。
これは作詞作曲が怒髪天なんだけどモロ怒髪天の曲笑
そのまま増子直純が歌っても遜色まるでなし。
怒髪天の曲をももくろクローバーZが歌ってみましたみたいな。

そしてリスナーや業界人などいろんな人から評価が高かった「いつか君が」。
これはいい!
ももクロと以前から交流のあったmiwaが提供した楽曲。
これもともすればmiwa本人が歌ってもいいんじゃないの~とか、
どっかで聞いたようなメロディラインだな~とか思ったりしたけどそれが気にならない。
単純に良曲であると同時に、シングルタイトル曲であるGOUNNとの相乗効果といっていい
現象が現れているせいだろう。

「GOUNN」はグループの方向性や展望(や売り上げ)などに
大きなインパクトを残す目的が盛り込まれている。
それゆえの作詞作曲や製作体制へのこだわりであり、そして曲を視覚的に見せる衣装とジャケットだ。
言うなれば、大げさかもしれないが"野心作"である。
一方、「いつか君が」はC/Wという位置づけゆえに
その「大きなインパクトを残す」呪縛から開放されている。
「GOUNN」は力が入っていて、「いつか君が」は力が抜けている。
この対称性だ。
「GOUNN」はリスナーにとって1年ぶりの新曲という期待があると共に、
バンドの重厚なグルーブが持ち味のトラックであり、聴くことに疲れが生じてしまう面がある。
あまりそういう曲を聴いたことの無い人にとってはクラクラきてしまうのではないか。
そのため、「いつか君が」は楽曲のポップもあいまって非常にリラックスした気持ちで聴ける。
いや、そう聴こえてしまうのだろう。
張り詰めた緊張から一気に開放されたかのように、無意識に安心感を曲に求めてしまうのではないか。

それは悪いことではない。
結果むしろ良いほうに作用したのだから、これはこれでいいのだ。
お互いがお互いの味をを引き立てる。
サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさ。
チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!
ハーモニーつーんですかあ~!
例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!
ウッチャンに対するナンチャン!
高森朝雄の原作に対する ちばてつやのあしたのジョー!
…つぅ~感じですよォ~
狙ったか狙ってなかったか、
この対称性でもってこのCDはいいシングルになったと思う。


さて現時点でGOUNNのステージを観ていないし、
それはおろか今回はGOUNNツアーに行ってないのでライブすら観てない。
今後この曲がももクロにとってどういう位置づけになるのか、
生のステージではどんな風になるのか、
楽しみなところである。

必ず変化がある。
それは大いに期待していいと思う。

「GOUNN」(通常盤)(AMAZON限定絵柄特典なし)「GOUNN」(通常盤)(AMAZON限定絵柄特典なし)
(2013/11/06)
ももいろクローバーZ

商品詳細を見る


スポンサーサイト

チームしゃちほこ「夢の地球祭」を聴いてみた結果wwwwwwwwwww

2013.11.02.Sat.23:42



びっくらこいた。
ちょっとね、これは衝撃ですよ。

内容から行くと
曲がアーティストが唄う曲っぽいメロから直球アイドルソングのサビに転調する。
これはヒャダイン作曲のももクロ「ミライボウル」でも使われておりその構成はよく知られるところ。
ここが大きなフックとなっているが、それよりもこのメロだ。

曲調は歌詞の韻踏みよろしくアメリカのヒップホップミュージシャンの楽曲を思わせるが
Aメロの韻踏みのあとは内山田洋とクールファイブかはたまたデュークエイセスか、
キーの高さと歌い方が切なさを纏った歌詞と相まって諸行無常を感じるレベルになっている。
醸し出す雰囲気はスペインやメキシコのラテンミュージックのような哀愁を漂わせる。
おそらくその辺の民族音楽のエッセンスも入ってると思う。
それでありながら70年代末のディスコのようなものを感じさせるところもあり…
そして曲中に繰り出される秋本帆華のソロという名の叱咤…

音楽サイトの紹介文を見ると"ダンスミュージック"と説明されていて、
確かに踊れるチューンではあるが、それと相反するなにか怪しげな…サイケのような、
一聴すると「宗教音楽か!?」と思わせるような趣がある。
とにかく聴くと不思議な気持ちにさせられる。

あ、ダンスミュージックの四つ打ちに埋没するトリップと
サイケによくある不規則性・不合理性に埋没するトリップの
両方を組み合わせたのかもしれない。
書いてて少し合点がいった笑
おそらく何かの曲や民族音楽に元ネタがあるのだろうが、ちょっと思い浮かばない…
とにかくなんとも形容し難い感覚と興奮に見舞われてしまう。

次に曲を制作する手法。
作詞は「マル・マル・モリ・モリ」で一躍有名になった宮下浩司氏、
作曲はSMAPの「SHAKE」や「らいおんハート」など
数々のアイドルやミュージシャンの楽曲を手がけたコモリダミノル(小森田実)氏という豪華布陣を見ても、
しゃちほこスタッフ…スターダストの本気さが伺える。
楽曲はそれを裏付けるような佳曲に仕上がっている。
この采配は正解だったと言えよう。
名曲は一流の作詞家と一流の作曲家によって生まれるという、
阿久悠・都倉俊一のゴールデンコンビ(異論は認めるがその世代じゃないので反論は受け付けない)
のような古くからの鉄板スタイルを
この曲によって示したといってもいいのではないかと思う。

ここまで書いて思うのは、すべてひっくるめて言うと
これはズバリ『歌謡曲』だ。

歌謡曲は日本の作曲家が海外の音楽をどんどん吸収していき
日本の音楽に取り入れアレンジして成長・拡大していった音楽。
アイドル音楽にもそのアレンジが加わった曲がたくさんある。
歌謡曲に取り入れられたロックは「ロック歌謡」として、
歌謡曲に取り入れられたヒップホップは「ヒップホップ歌謡」として鳴らされる。
故に、ロック歌謡は本物のロックに、ヒップホップ歌謡は本物のヒップホップにはなれないという
性質があるが、
アニメの曲や日本の歌謡曲が時折海外のミュージシャンを熱狂させる性質もまた存在し、
その懐は深い。

「愛の地球祭」はまさにそれだ。
70、80、90年代、そして2000年代の音楽をすべてエッセンスとして取り入れられた、
2010年代の最先端の歌謡曲なのだ。

よくあるアイドルソングではないが、
アイドルが他のジャンルのミュージシャンやそのミュージシャンの曲を聴くリスナーを
取り込んでいる昨今、
「チームしゃちほこといえばこれ!」とオールジャンルの人間に呼ばれる曲になる可能性が
大いにあると思う。

いま自分がこうして書いている最中も頭の中でメロディがループされている症状をみても
そう考えずにはいられない。

よし!うまくまとまった!

さてそんな驚異的な楽曲を尻目にMVはこんな感じである笑
今回のMVはサカナクションの「アルクアラウンド」のMVを手がけ、
前作「首都移転計画」で監督を務めた関和亮氏が企画し、
多数のミュージシャンのPV監督を務めるスミス氏が監督している。

今現在(2013/11)NHKで放送中の朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」のOP映像に
関氏がその制作に関わっていることも影響しているのか、NHK感丸出しの内容になっている。
そのなかをモ○ゾーによく似た格好の6人がゴロゴロするという
楽曲のイメージの斜め上を行く映像に
アンニュイがアンニュイを輪にかけてしまうことうけ合いである。

しゃちほこ、
今後どんな方向に進んでいくのか
どんな次なる一手を出してくるのか、
楽しみで仕方ない。

愛の地球祭(通常盤)愛の地球祭(通常盤)
(2013/10/30)
チームしゃちほこ

商品詳細を見る

/

ごちそうさんのOPも置いてみる♡


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。