FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京女子流 -運命 を聴いてみた

2013.06.07.Fri.23:45


これまた女子流らしい楽曲。
あ~これは自分が子供のころ、90年代前半とかに観た80~90年代の映画のテーマ曲とかテレビの効果音とかによく使われてた例の…ああいう…とか思った。
new jack swingというのか、そうなのか!

メンバーみんなが徐々に成長しているということで歌声や歌い方が大人っぽくなってきたような気がする。
ちょっとずつ詩と曲の設定年齢に近づいているということか。まだまだ設定背伸びしてるけどね笑
昔の…SPEEDを思い出す。

ワンダフルスマイルは王道のバラード曲。
DISCOリミックスも良い感じである。
ちなみに特典のカードはひーちゃんでした。

運命/ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子) タイプC運命/ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子) タイプC
(2013/06/05)
東京女子流

商品詳細を見る
スポンサーサイト

手をつなごう/禁断のカルマ -私立恵比寿中学 を聴いてみた

2013.06.06.Thu.23:44


当然の如くサブカル盤を購入しました(爆)
購入特典のポストカードはひなた、
封入特典のトレーディングカードは相変わらず誰だかわかりません。

ジャケットを良く見ると骸骨の目の高さに
三角のロゴの集合がバイザーのような形を作っている。
CD3種のうち、"サブカル盤"とされたバージョンのみに
POLYSICS提供曲である「Another Day」が収録されている。
楽曲提供元に敬意を表してかもしれない。
粋な計らいである。
ブックレットも丁寧にビニールのシーツに入れられており、
この変の妙なこだわりもエビ中らしい。

メンバーの歌のレベルが徐々に上がってきているのは確か(徐々にね)。
エビ中ベストに収録されているまでの曲は「歌う」というか「喋る」或いは「捲し立てる」という
歌い方だったのに対し(歌のうまいメンバー除く)
「手をつなごう」「禁断のカルマ」ともにちゃんと「歌う」形になってきている。
歌上手くないメンバーは上手いメンバーと組んでコールとかハモりにしてたりw
まだ上手下手の個人差はあるけど、それぞれに上手くなってる。

CDのディスク本体を取り外すと
各メンバーの名前と出席番号がケースの隠れていたところに記されていたり。
もちろん古くから・熱心なファンはもう既に誰が何番かわかってるだろうけど。
こういう細かい計らいも、新参の方にわかりやすく、というところなのだと思う。

また、某インタビューにてメンバーが"学芸会から脱却したい"との旨の発言もあったり、ね。

その歌が上手くなりつつある感じもあり、曲もよろしく、
楽曲そのものやCD制作のコンセプトがメジャー…大衆意識になっているように感じる。
この辺も運営はある程度意識してやっているのだろう。

で、曲の内容の方ですが、上で2曲は大体言ったけど笑
両曲とも既にライブで何度も聞いているので特段の真新しさはないが楽曲はしっかりとしていて
声もちゃんと「歌って」いる、という印象。エビ中らしさを残してない。
でもどちらも曲自体は佳曲となっている。

肝心の「Another Day」は一言で言うとキュート・ポップ。
自分はPOLYSICS元メンバーのカヨちゃんが歌っているところを想像したね。
カヨちゃん本人が歌って違和感無い(といういちPOLYファンの意見)。
出だしの裕乃さんの声がよりカヨちゃんぽさを意識させてしまうのか、
あの声質とキーの高さ、そして素人っぽさ笑が。(※PLASTICKSぽいといえばぽい)
それを意識したのか、発見してしまったのか、がっくりきてしまったのか、ハヤシ。どうなんだ。
曲のみを聴くとほとんどPOLYSICSの曲。ぜひPOLYのライブでもやってくれ。

アイドルファンの人がきいてどうなんだろ…いい意味でほかの2曲と異なる曲なので
その意味では聴く人にフックになる-サブカルをぶちかます印象を与えるのではと思う。

あと「サクラゴーラウンド」「Lon de Don」にも。
「サクラゴーラウンド」は「え?お前ら梅だったんじゃないの!?」と思わず思ったが思うツボ。
エビ中お得意の学校をテーマにした歌詞とアニメのEDらしく穏やかな雰囲気を醸し出す。
この曲もライブで何回かやってたね。

「Lon de Don」はこれまたエビ中お得意のおバカ感あふれるハチャメチャ曲。
もうお得意の域だねw
楽しいのに安心して聴けるという、アンニュイでありエビ中としての王道な1曲。

エビ中も今後どうなっていくのか楽しみでありますね。




手をつなごう/禁断のカルマ手をつなごう/禁断のカルマ
(2013/06/05)
私立恵比寿中学

商品詳細を見る

ひめキュンフルーツ缶 /バズワード を聴いてみた

2013.06.03.Mon.23:10


個人的にはシマシマのオーバーオールの衣装の印象がある。
初めてひめキュン観たときその衣装だったので。
愛媛のファッション専門学校生がデザインしたものらしい。

プロデューサーは「ジャパハリネット」などのプロデューサーを務めた伊賀千晃氏。
愛媛発アイドルをなぜ彼が、と言う疑問も
ライブハウス松山サロンキティの運営もしているらしく、ならば納得w

ここ2年ほどのアイドルブームでほかのジャンルからアイドルに流れてきた音楽ファンには
聞いた話でナンバガっぽいらしい曲が人気らしい(どれ?)
自分ナンバガほとんど聴いたことないからわからない…。
他の曲もロックバンドを手がけるプロデューサーらしくアップテンポでロック寄りのもの多い。
青春パンクを引きずった…モゴモゴ…今に体現している楽曲が多く
青春時代を青春パンクと共に過ごした人の共感を得ているのかもしれない。
個人的には上にあげた「例えばのモンスター」という曲が好き。

「バズワード」でいうと、いかにもな女子高生の制服より
PVの衣装で履いていたニーハイソックスの太ももの食い込みがとても良いです←





バズワードバズワード
(2013/03/27)
ひめキュンフルーツ缶

商品詳細を見る


例えばのモンスター例えばのモンスター
(2012/06/27)
ひめキュンフルーツ缶

商品詳細を見る

奥田民生 /息子

2013.06.02.Sun.23:25


結局Perfumeの対バンフェスのチケットが取れずこんな曲を聴いてみたわけです(笑)(泣)
対バン相手である斉藤和義、奥田民生、マキシマムザホルモンの三組の中で
一番観たくて行ける日程なのが民生でした。
PerfumeがSONICMANIAに出演するとのことなのでそっちでガッツリ楽しむよ…ふふ…

曲を聴いていたらなんとな~く書いてみたくなってしまった。

民生を最初聴いたときは中学の頃で、全然ピンと来なかったんだけど
(民生ファンの友達を怒らせたことがあった当時)
大人になってから聴いてみたら「すっげぇかっけぇ!」と笑
この「息子」も当時CM曲として使われていたりして曲自体は知っていたのだが
改めて聴くとジンと来ると共に歌詞が凄いなと。

20台前半のとき「ルート2」を聴いてこれはRCサクセションの「雨上がりの夜空に」だと、
「人間2」を聴いてこれはRCサクセションの「ロックンロール・ショー」だと。
キヨシローを目指していたのかな?などと思ったりした。
今回の息子はといえば、
アラサーにして久しぶりに聴いてみたら味わい深いものになっていた。
時を経て、いまだに感動させる、新たな発見をさせる曲というのはあまりないだろう。
改めてこの曲の素晴らしさとこの人の才能に驚かされる。
あとわかったのは自分が年食ってきたということ笑

民生をよく知らない人も、たくさんある曲の中でも代表曲の一つに数えられるものなので
チェックしてみてはいかがだろう。

この曲が収められてるアルバム「29」と、
それにちなんだ(?)タイトルの後発アルバムである「30」は名盤なのでそちらも是非。
代表曲だけ聴きたいって人はソロデビュー15周年を記念して発表されたベスト盤的アルバム
「記念ライダー1号」「記念ライダー2号」をどうぞ。
(なんのステマだ)

民生がPerfumeのレーザービームをまた歌ったり
perfumeが民生のさすらいとかイージュー・ライダーを振り付きで演ったりするんだろう!
バカ!知らない!


2929
(1995/03/08)
奥田民生

商品詳細を見る


記念ライダー1号 ~奥田民生シングルコレクション~記念ライダー1号 ~奥田民生シングルコレクション~
(2007/01/17)
奥田民生

商品詳細を見る


記念ライダー2号 ~オクダタミオシングルコレクション~記念ライダー2号 ~オクダタミオシングルコレクション~
(2007/01/17)
奥田民生

商品詳細を見る


ちなみ民生は「29」の時から
スティーブ・ジョーダン、ピノ・パラディーノなど
そうそうたるメンバーと楽曲の録音をしてたりするといううんちくを添えて笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。