FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daft Punk -RANDOM ACCES MEMORIES を聴いてみた

2013.05.31.Fri.21:59
ランダム・アクセス・メモリーズランダム・アクセス・メモリーズ
(2013/05/22)
ダフト・パンク、トッド・エドワーズ 他

商品詳細を見る


まるでヨーロッパ中のリゾート地をバカンスして回っているような感覚
(行ったことないけど)

時には噴水と緑に囲まれた中世貴族時代から続く庭園、
時には歩いている砂浜を赤く染める夕焼けの海辺。
あるいはネオンと街灯がまばらに光る人通り少ない夜の裏路地…
そんな情景を思い浮かべてしまうような…
一聴してそんなものを感じた。

ビコビコズムズム言わして踊り散らかすクラブミュージックではなく、
確かに踊れるがそれは、「トラック」というよりは「作品」と言ったほうがいいかもしれない。
そんなアルバムになっている。
このアルバムだけなら、彼らはクラシック音楽の方向に向かっているのでは?などと思ったりもした。

しかしながら人によって好き嫌いは分かれると思う。
素晴らしい楽曲群であることは間違いないが、
「新しい何かを提示する」という大きなインパクトは薄いかなと。
自分もそうだが、まだ「新しい何か」を確実に提示していた
90年代のロックンロールを見てきたこともあり、
新しさが感じられないといまいちインパクトに欠ける気がしてしまうのだ。
悪い癖であると思う笑

嫌らしさは無くただただ心地良いので
ドライブの時でも室内用のBGMとしてでもどこでも聴けるオールラウンドな一枚になっている。
だが最後の「Contact」にやられる。
それまでのバカンスの旅を、一気に暗闇に焚かれるフラッシュが花咲くクラブハウスに落とし込む。
そこは、ズルい笑。
スポンサーサイト

ひとりごと Vol.3

2013.05.30.Thu.23:49

\ざんね~ん!/

Negicco / アイドルばかり聴かないで を聴いてみた

2013.05.30.Thu.23:26
最後は、そういうオチ。




アイドルばかり聴かないでアイドルばかり聴かないで
(2013/05/29)
Negicco

商品詳細を見る

作詞・作曲・編曲は小西康陽氏

ROVO presents MDT Festival 2013 !! @日比谷野外音楽堂 に行ってきた。

2013.05.26.Sun.23:41
チームしゃちほこからの日比谷野外音楽堂。

同日、日比谷公園ではオクトーバーフェストが開催されており
道端に腰掛ける酔っ払いを横目にしつつ会場へ。

しゃちほこが予定の1時間推しだったので開演ギリギリの到着。
ビールを買って立見席の一番前に肘掛けたらすぐに開演した。

salyu×salyuは去年にFREEDOMMUNE ZERO(のUst)観て以来。
んで生で観るのは初。
バックバンドのメンバーである小山田圭吾(コーネリアス)のアルバム「あ」にも参加しているので、
それに収録されている曲から(たぶん)スタート。
ふわふわとした雰囲気を醸し出しつつ
コーラスや歌声の掛け合いの妙に驚き感動しつつのなんともいえない不思議な感覚。
それがとても心地良い。
晴れた、とは言いがたかったが5月終わりの昼頃の日比谷公園にもマッチした
いいライブだった。

続いてOGRE YOU ASSHOLE。
前観たのは一年前のVersion21.1以来かな。
ライブはというと、ROVO前にこんな盛り上がっちゃっていいの?観たいな熱狂ぶりだった。
久しぶりだけどいい意味で変わってない。
ロキノン系とかそういうのが集まるフェスとかに出ないでこっち側に来たほうがいいんじゃない?
と思っちゃったくらい笑

主催であるROVOのメンバー、勝井祐二さんも絶賛してた。





著名人のコメントや客の盛り上がりを抜きにしても
ライブは素晴らしかったし、相変わらずのオウガだった。
そこに素直に感動した。

さて本日のメイン、ROVOの登場。
オウガのロック、サイケ、オーガニックは薄れ、
冷たい無機質の楽曲、それを紡ぎ出すバンドサウンドの妙とアンサンブルに酔いしれた。
特にラストの曲である「ピラミッド」。
ゆうに30分を超える長さ。
あれだ、座ってテーブルに肘掛けてチビチビ酒呑みながら楽しむやつだと解釈した。
(毎度予習をせずにライブに参加してます)
踊って騒いでというより見入る・目撃するというライブだった。
個人的にはテクニックよりいい楽曲・いいパフォーマンスの観れるライブが好きなんですが…(笑)
これもまた良い音楽の楽しみ方だ。

いいイベントだった。
メトロックみたいな「いつもの」やつを楽しむのもいいが
こういうフェスも最高。
5月の終わりを楽しく締めくくれたと思う。





salyu×salyuの動画は上↑の「続きを」を貼らせて頂いた。
歌詞をゆらゆら帝国の坂本慎太郎さんが書いているのだが、
3.11の震災前に書いたのがこれという…
音楽界には「この曲はこれを予言していた!」といういわくがつくものが
たまに出てきたりしますね。

チームしゃちほこワールドプレミアムPV試写会&「iTunesで1位をとってみたい!」イベント に行ってきた

2013.05.26.Sun.22:23
METROなROCKを見にウォーターフロント
には行かず多摩くんだりまで。

東京とはいえこっちまで来ると
山々が見え緑の占める面積が多くなる。

12:30スタートの予定が
会場の人の多さや入場列・物販列の並びの整理などで
1時間遅れてのスタートだった。
しゃちTの派手目な柄がいかにも名古屋って感じで
コスプレなど気合の入った人も居た。
当日急遽Ustreamでの放送も決まった。
徐々に確実に人気が出ていることが伺えた。

内容はミニライブに新曲「首都移転計画」のPVお披露目会。
お披露目会はその後のスケジュール都合で見なかった。
ライブのみ。

ライブはアゲアゲな曲が多く
振りのレベルも「ちゃんとしたアイドル」のレベルになっていた。
「乙女受験戦争」の"イェッサー"でつかみもOK。
衣装も着物をモチーフにした可愛らしいものだった。

会場の構造上、ステージから客席に花道が伸び、
そこから道が二手に分かれて二階へ登る階段にそれぞれつながるというセット。
入場時二階から登場しそのまま一階に降りて花道を通ってステージまで行った。
図らずも一階席の一番後ろに居た自分は
花道を通りすぎた緑、紫、黄色の子に間近で手を振ることができた。
隣に居た黄色推しのおじさん(50くらい)が大きくガッツポーズw

見て思ったのが、ももクロ、エビ中、しゃちほこの三姉妹として、
しゃちほこはお姉ちゃん2人をよく見てる末っ子という感じだなと。

全体的なパフフォーマンスや曲調はももクロ寄り。
会場を目いっぱい使ってるとことか。
曲も熱めな歌詞が多いのだがももクロによく見られる
「負けない」「あきらめない」といった「受け」の姿勢ではなく
「勝ちたい」というフレーズや「首都移転計画」といったタイトルに見られるような
「攻め」の姿勢が感じられ、ここはしゃちのスタイルかなと。

あと、ももクロもエビ中も有料動画やラジオ等で普段とライブの違いがあまり見られない
(楽屋そのまま)だが
しゃちはパフォーマンスに関してはグルグル動いてキレがあるのに対し
楽屋はふわふわな感じでギャップが大きい。

ただ激しめなダンスの曲が多いので終わった曲があとはほっぺが赤くなってて
それが可愛らしい(さっきまでの流れと関係無い)

非常にいい感じで盛り上がってメンバーも驚いていた。
「ここ東京だよね?いつも来てるとこみたい」と。
MCのとき前の方の人が後ろの人にも見えるようにしゃがむ行動にでたのも素晴らしい。
いま人気が出始めてきたという、とてもいい雰囲気だったのでは。

夏に日比谷野音でライブがあるが、この勢いなら埋まるだろうな。
今後も楽しみです。

首都移転計画、今更ながら耳に残る。


MVの企画にはPerfumeやサカナクションのPV監督を務める関和亮氏が参加しているとのこと。

首都移転計画首都移転計画
(2013/06/19)
チームしゃちほこ

商品詳細を見る

逆転現象が起きた - Perfume/Magic of Loveを聴いてみた

2013.05.22.Wed.23:57
Magic of Love【シングル&DVD連動プレゼントキャンペーン応募券封入】 (通常盤)Magic of Love【シングル&DVD連動プレゼントキャンペーン応募券封入】 (通常盤)
(2013/05/22)
Perfume

商品詳細を見る


雑誌やネット記事みたいな割と大仰な見出し付けましたが最後の方で触れます。
そして大したことありません。


無事フラゲして聴いてみた。

まずMagic of Love。最初CMで聴いたときは原点回帰かな~と思ったけど
前作未来のミュージアムとだいじょばないの曲と詩の語感が
程よくミックスされたような感じがする。

んで、Handy Man。「便利屋」って意味ね。
アジアンテイストってみんな言ってたけどその通りだった。
シタール…高音の跳ね上がりは胡弓かな。そうでもないか。
聴いてて思い浮かんだのは「ジンギスカン」「モンキーマジック」。
70年代の趣なのかな、西洋から見た東洋みたいな。
あと、驚くほど歌詞が耳に残らない。

中毒感はあまりないかな。あるとすればHandy Manの単調な言葉の繰り返し。
と思ったけどTwitterでは「ヤバイ、Handy man…何回も聴いてしまう!」みたいな
ヘビロテしてる方も結構いた。
この辺は長らくPerfumeの曲を聴いてたりこだわりがあったり、好みの問題かな。

パッと聞いた感じではそんなとこだった。

あとやっぱり、PerfumeのCDのカップリングは攻めてるな~。と。
メインとなる1曲目が注文付けの多い中作られた大勢の人向けを意識した曲に
どうしてもなってしまうから(あとはスポンサーの意向とか)、
割と自由にやれるのが2曲目というところだろう。
しかし今回のは、これまた直感だけど「次の一手」を模索しているようにも見える。
やっぱり、こんなアジアンテイストな曲はPerfume史上無かったからね。
余計にそう思える。

だがしかし厳しい意見も見られた。
「うん…これはちょっと…」と戸惑いや落胆、あるいは
「こんな曲なら活動しなくてもいい!」と怒りをあらわにするようなものもあった。
昔からのファンや音楽好きからすれば、以前のイメージや楽曲の思い入れもあるだろう、
そういう風に捉えても致し方ないところもある(未来のミュージアム然り)。
されどヤスタカ楽曲、こういったトラックでも曲のクオリティは高いものになっている。
そこが往年のファンをやきもきさせる点でもあるのだろうがね笑…

あ、「ジンギスカン」「モンキーマジック」を思い浮かべたのは
曲中に「似たようなコード進行~」「ここのメロディラインが~」とかを聴き分けたわけではなく、
それこそ全体の雰囲気や自分が直感的に思い浮かんだイメージをただ言ってみただけっすわ。
参考にしませんように。

それにしても今年は未来のミュージアムとアミューズ主催のBBQ、このCDの発売以外は
ほとんどと言っていいほど大きなニュースが無かったのに、
この2~3週の間にP.T.A DVD Vol.5の発送、CD発売、笑っていいとも出演と
畳み掛けるように露出が続いている。
これがPerfume対バンへの盛り上がるロードとなれ…ばワクワク感も瞬間沸騰鰻上りなのだが
残念ながらチケットを取れなかった大多数の人間にとってはニュース続きとはいえ
グギギに徹さざるを得ない状況にヒジョウに歯痒い思いを抱いているという実態である。
神よ、無慈悲なれ。

とりあえずCDを何回かループして思ったのは、あれっ、逆じゃね?ってこと。

⊿(トライアングル)のときは楽曲もCDジャケットもアダルトな雰囲気に徹しいて、
それはお世辞にもアダルトとは言えず、少女が大人になろうと背伸びしているような感があった。
意識的には「年上」を目指していたのだろう。
(最終的にはそこがまた良かった点になったのだが)
当時20、21歳か。
それがMagic of Loveは(コミュニケーションも)ピュレグミCM、
未来のミュージアムは映画ドラえもんの主題歌ということもあり、
ポップで可愛らしい楽曲になっている。
明らかに子供を意識してである。
彼女たちは今年(あ~ちゃんは来年)25になる。
しかし衣装やCDジャケットのデザインとともに「年下」を目指している。

大勢の人の目に触れるようになり、意識してのこともあろうが
楽曲と彼女たちの年齢とのギャップが、昔起きたことが今また生じているのだ。
そのベクトルは逆で。

で、それがどうしたの?っていうことだけど、
全然どうもしません。
あ、そういやそうだね、くらいのもんです。
ちょっと思っただけっていう。
テヘペロ(いちおう回収したつもり)

あと、あれですね。
のっち。
ジャケットの写真がですね、
子供向けに徹していると上述しましたがのっちだけ
メイクや表情が大人を目指してたね。
パッと見たとき笑ってしまった。
ちょっとづつアー写をアダルトにしていって
徐々にその感じを醸し出していこうというのかアミューズ!
またクールビューティ(もどき)を気取ろうというのかのっち!
お前の本性はもうみんなにバレてるぞ!

今後も目が離せませんね。

ZAZEN BOYS MATSURI SESSION 2013 @静岡Sunash に行ってきた

2013.05.12.Sun.23:53

ザゼン1


ザゼン2

向井「パッパンツ!」
  「パッパパッパ パンツ!」
  「黒いブラジャー!…黒いパンツ!…いちご柄のパンツ!…いちご柄の小学5年生!…」
  「ダメだよ、小学生とか公の場で言っちゃあ」


  「…昨日愛知でイベントがありまして、それに出演してたんですけど、
   帰りにどこかでコンサートをぶち込みたいな〜と思っていましたら、
   途中にちょうどありまして、静岡CITYに参ったわけでございます…」
   (まあそんなことだろうと思ったけど)」


また静岡に来てください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。