スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROCK NATION presents FACTORY LIVE 0812

2012.08.18.Sat.14:28
前日は自宅で「FREEDOMMUNE ZERO」のUstを観てた。
行くつもりだったが翌日コミケとこのライブに行く
ということで会場に足を運ぶのをパスした。
たぶん当日は雨も降ってた(ような)。
地方住みだと大変なのよ。

salyu×salyuと不失者良かったなぁ。
あ、亀川千代みっけ。

************************************************

久しぶりに渋谷で迷いながら
CCレモンホール改めカムバック渋谷公会堂に到着。

すでにPE'Zの演奏が始まっていた。

ジャズインストバンドでも
SOIL&"PIMP"SESSIONSと比べてダークさが無く、
むしろ明るい"陽"の雰囲気が出ていた。

トップバッターにふさわしい演奏だった。

続いて伊藤ふみおさん。

あのKEMURIのメンバーだぜ!歓喜じゃん!
っと思ったら横の若い女子二人組
「伊藤…ふみお?…だって」
時代を感じさせられますた。

トレードマークとも言えるジャンプは健在!
正統派のビッグ・スカ・バンド。
PE'Zからのいい流れだった。

時折のMCではふみおさんの真面目さが伝わり
とてもよかった。
あとゴールデンボンバーを"中途半端の美学"と言ってたw↓
https://twitter.com/fumioito/status/234673349668769792

三番目は真心ブラザーズ。

去年のCDJではアコースティック編成だったので
今回バンドで観れて嬉しかった。
ライブだとこういう編成でこういう音になるんだな
と分かった。

MCが冴えてた。
やれ「渋公の向かいが役所でカーテン開けたまま
にすると着替えてるのが丸見え」とか
終始漫談のようだった。
こういうの好き笑

そして四番目は皆さん…お待ちかね!
ゴールデンボンバーの登場!!
キャーーーーーー!!

客の半分はゴールデンボンバーのファンだったと
思います。

当日フジテレビのお台場冒険王・めざましライブに
出演し、終わってすぐ渋谷に到着という
ミュージシャン界の諸先輩がたを差し置いての
セミファイナルである。

以下キリショー
「いや~僕たちいろんなイベントに
出させてもらってるんですけど…」
「出演するとお客さんの中に無表情で、
イラつくような顔で見てらっしゃることも
あるので…」
「どうか温かい目で見て頂ければと思います…」

やっぱりw
いつもの腰の低いMC。(お立ち台から)

だがライブはいつも通り楽しかった!
「汗でべとつくからシャワー浴びたい!」
と曲間で子供用プールとシャワーを用意し
ステージ上で湯上りする喜屋武さまなどギミック多数。

ゴールデンボンバー終わるとすぐに帰っていく女の子も
多数…
まだジュンスカあるよー

トリはJUN SKY WALKER(S)

ストレートなロック!
個人的に「全部このままで」と
「マイジェネレーション」が聴けて良かったです。

宮田さんのMCは凄い!
小慣れた感を感じさせるほどであった。
さすがのベテラン。

ゴールデンボンバーのあとだったので
「ステージが水で濡れてるじゃねぇか!!」
喜屋武さまがシャワーを浴びた後の
濡れ散らかしたステージだったしね。
そういう盛り上げも凄かった。

夏の暑い中コミケや渋谷で迷って歩き疲れたので
大御所のステージを座って楽しむ。
贅沢だろ~

ふと客席を見るとアラフォーな方の姿が目立つ。

この方々も20年前はバンドを追っかけて
ライブハウスのフロアでピョンピョン跳ねて
たんだろうな~
と感慨に耽る。

すると今ゴールデンボンバーを追っかける
若いファンの方々も20年後には…!!
お、ぉぉおおおお…

なんとも恐ろ…
いや、時代は変わってもその部分は
変わってないんだね。
めぐりめぐっているのだ。

今年の夏のテーマは
「見たいと思っていたミュージシャンを見に行こう」
なので、
目的も達成できて、楽しい1日でした。


追伸:会場で石田エグゼクティブを見掛けました。
石田弘
スポンサーサイト

ももクロ夏のバカ騒ぎ Summer Dive2012 8/5 @西武ドーム

2012.08.12.Sun.00:46


横浜2daysに続きまさかのLVです。

とっても嬉しいです(泣)

渋谷で観てました。


当日の会場は暑かったらしいが

だがしかし夏祭りである。

ロッキンジャパンにも劣らない更なる熱気が観客を待っていた。


ライブ全体をみて思ったのは「プロレス」だなー、と、

手法が。

最初のメンバーのコメントから

最後の感動のフィナーレまでの流れ。まさに。

ライブの歌以外のスペシャルゲストや満載のギミックを含めて。

しかし「プロレス」とみれば「プロレス」だし

「ライブ」とみれば「ライブ」になってしまう

素晴らしくも恐ろしい。

また、「ももクロのライブ」という点では

横浜2daysの1日目・オールスター、

2日目の曲中心のライブの二日をうまく組み合わせたような印象。

この辺も上手いと思う。


私事ですが、ひとつほっとしたというか、安心した点が、

五人の素の部分が垣間見れたこと。

台本が存在することからも分かるように

それぞれのキャラクターは付けられたもの。

自分としてはそこにイマイチ乗り切れないところがあった。

が、このライブでそのキャラクターを乗り越えて

本人の元々の性格が露になったという気がした。

(ほかのモノノフの皆さんは以前からのライブやDVD、

ブログ等で見知っていることとは思うが)

自身がキャラクターに染まるということではなく

自身とキャラクターが拮抗するというもので、

これも、嘘をつき続ければ本当になるというか、

キャラクターも続ければ本当になるという

ひとつの結果なのかもしれない。

メンバー、ある人は

話を止めてしまったり思わず泣いてしまったりで。

まだファンを続けられそうで一安心ですw


とにかくあの場にいた人たちは楽しかっただろうなと。

メンバーもスタッフもお客さんもお疲れ様でした。


ライブ中にももクリの詳細発表もあったが、

…スイマセン、三期目は勘弁したいので

次回こそはよろしくお願いしますw

とりあえず日程は空けておくことに決定!




夏のVIVA YOUNG! 5DAYS 8/3 @下北沢CLUB Que

2012.08.10.Fri.11:32

オワリカラ、赤い公園、KEYTALKの3マン



行ってきました。

仙台へジョジョ展を見に行く道すがら。

東京に前乗りした夜のお楽しみ。

今人気上昇中のバンドを一挙に観ようという腹づもりw


定時で仕事を上がりダッシュに次ぐダッシュで新幹線に。

しかしはじめのオワリカラには間に合わなかった。

Queに着いてフロアに入るとすぐに赤い公園が始まった。

ラッキーだった。


ゆら帝を感じさせるアレンジで、

ポップになるかギリギリで成り立っていた楽曲。

かしゆかカット(亀川千代カット)の子がベースをブリブリ言わす。

ボーカルがK-POPの女性ユニットに居そうな感じ、

ベースはかしゆか、

ギターはのっちの前髪を残して後ろで髪を結んでた。

ドラムはあまり見えなかったw

それぞれにキャラが立ってたのが良かった。

笑いを取るMC。ごめんあそばせ的な。

「今日ロッキンジャパンやってるけど~」

「こっちのほうが熱いよねー!?」

最後はボーカルの子が客席にダイブしそのままPA付近へ。

演奏が終わるまで客席に居て(天井のバーに捕まりつつ)

そそくさとステージに戻り帰っていった笑


KEYTALKは曲はベースがメロコアだけど

スカの要素が入ってたり展開がFALL OUT BOYっぽかったりして

面白い。

あのいつまでも終わらない感じが良い。

MCのギターの子が一生懸命におもしろトークをしてたのが良かった。

いつもはいい人でいじられキャラなんだろうな~と思わせたw

どちらともバンドのベクトルは違うが

方向性がはっきりとしていて演奏も上手かった。


オワリカラはまた今度。笑

0812CLUBQue


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。